日報(的鳩もよ)

1992年生まれ。水の近くが好き。

0620 THU

日記代わりにしているメモアプリをひらくと「コテンラジオ、ジャンヌ・ダルクの最終回を聴いた」としか残っていなかった。手帳を見返すと、内省的なことを中心にやった一日のようだ。月日に日記を投稿するために、先週分の日記を推敲する。名前を出しているところを変えたり、言葉を入れ替えたりして、ときには「もやもやする」で終わっていた部分をくわしく説明しなおしたり。過去を振り返りながら整える作業は、心が落ち着く。「大丈夫」になっていく感覚。

 

それから、1週間分の家計簿を更新する。毎週お小遣いを設定していて、金曜日にお金を下ろすことにしている。下ろしたお金で食料品と日用品の買い出しと土日の娯楽、平日のカフェ代などをまかなう。お金を引き出す直前の木曜日に、その1週間分のレシートの内容をアプリと手帳に転記することで、変なお金の使い方を避けようというねらい。そう、マクドナルドに行き過ぎるとか。

 

来週は給料日もあるので、予定を洗い出して予算を立てるなどもした。もうすぐ週末の喜びと、はかなく1週間も1ヶ月も過ぎ去っていくちょっとした怯えみたいなものがある。